インスタ映え間違いなし!?絶景すぎる千本鳥居の元乃隅神社と絶景露天風呂楊貴館

千本鳥居

こんにちは!パンツ猫です。
2020年になりましたね。今年は東京オリンピックが開催される年でもありますし、年始からワクワクしますね〜。
そんな素敵な年の初めに、どうしても行きたい場所があり、正月休みを利用して行ってまいりました!
そうなんです、インスタ映えで有名な、山口県長門市にある「元乃隅神社」です。
いろんな写真を拝見し、パワーがいただけそうな場所だなーと思い、ずっと行ってみたかった場所だったのですが、中国地方以外の人では簡単に行ける場所ではなく、半ば諦めていたのですが、一念発起してこの長期休暇を利用して頑張って行ってきました。そしてその帰りに、絶景露天風呂が日帰りで楽しめる素敵なホテルにも出会いましたのでこちらも皆様にご紹介したいと思います。

1 神秘の千本鳥居〜元乃隅稲荷神社〜

ここ最近、インスタ映えスポットしても有名になった元乃隅神社は、山口県長門市にあります。
地図で見てもわかる通り、車でないといけないところです。山道、民家の間を進んだ先にありますが、途中から一本道になりますので、日中はとても混雑するそうです。
駐車場は、神社から少し離れた第1駐車場、神社横の第2駐車場の2箇所ありますが、1台ずつしか通れませんので駐車場に車を入れるにもかなりの混雑を覚悟した方がいいと思います。私は、夕方に着いたのですが、参拝時間ギリギリの時間でもかなりの台数が列をなしていました。

稲荷まではカーブの連続で、狭い道路が続きます。

▲ 第2駐車場までの道のり

元乃隅稲荷神社第2駐車場

▲ 第2駐車場入り口

元乃隅稲荷神社までの道

▲ 駐車場待ちの車で大渋滞・・・

元乃隅稲荷神社第2駐車場

▲ 駐車場は斜面に作られているため基本横1台ずつしか停められません

参拝時間は、朝5時半から夕方5時半まで、御朱印は書き置きのものが置いてありますので、お金を料金箱に入れたらいただける仕組みです。私が訪れた時は宮司さんはいらっしゃいませんでした。

元乃隅稲荷神社

▲ 元乃隅稲荷神社の入り口(千本鳥居のとは別です)

神社の横には「竜宮の潮吹き」と呼ばれる絶景ビュースポットがあります。
潮吹とは、打ち寄せる波が岩礁の孔内に突入するごとに、圧縮された洞内の空気が外に出ようとして海水を噴出する噴潮現象のことですが、こちらではその現象が運が良ければ見れます。
https://nanavi.jp/sightseeing/ryuugunoshiofuki/
(山口県長門市観光HP)
車でしか来れないところですが、海外の方も結構いらっしゃるのに驚きました。みなさんすごいですね!

竜宮の潮吹き

▲ 竜宮の潮吹き

▲ 竜宮の潮吹きが見られるスポットは柵がない絶壁ですが迫力満点

竜宮の潮吹きが見ることができるスポットではこんな素敵な写真も撮れます。

竜宮の潮吹き

▲ 綺麗な夕日と海

竜宮の潮吹き

▲ 夕日と一緒に

竜宮の潮吹きを堪能した後は、いよいよ千本鳥居をくぐってのお稲荷さまへのお参りです。
鳥居の入り口は竜宮の潮吹きの近くにあります。夕日の時間帯でしたので、鳥居と夕日の素敵な写真を撮ることができました!

▲ 千本鳥居の入り口

入り口から出口までずらっと並んだ鳥居を見ることができる神社は今まで見たことがありませんでしたので、素敵な景色を見ることができて新年早々心が洗われるようでした!鳥居をくぐっていざ神社へ!

元乃隅稲荷神社
元乃隅稲荷神社

鳥居の赤と空の青がとても素敵でした。鳥居は私たちがいる世界(現世)から神様がいる世界(幽界)への関門と言われていますが、異世界に繋がっている感覚がありましたね。本当に神秘的な景色でした。

登りきった所に大鳥居があるのですが、お賽銭箱は鳥居の上にあるため、みなさん頑張ってお賽銭を玉入れのように放り投げていらっしゃいました。

▲ お賽銭は鳥居の上へ!まるで玉入れ・・

鳥居のお賽銭箱にお金が入ったら願いが叶うとあってみなさん必死でした。
鳥居の下をくぐる際には、上からお賽銭が降ってくることもありますのでご注意ください(笑)
ちなみに、鳥居の右下にもお賽銭箱はありますのでご安心を。

▲ 鳥居をくぐった先にはお稲荷さま

お稲荷さまにもしっかりお参りさせていただき、再び千本鳥居をくぐっって現世に戻ってきました。
お稲荷さま独特の雰囲気の中、お天気にも恵まれ、素晴らしい景色を見せていただけたことに感謝です。
車でしか行けないところではありますが、行ってみたいなと思われている方、是非行ってみてください!

名称 元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)
住所 〒759-4712
山口県長門市油谷津黄498
アクセス ■自家用車 中国自動車道「美祢IC」から約60分
■タクシー 山陰本線「長門古市駅」から約20分
駐車場 ■乗用車 1時間につき300円
第1駐車場:92台
第2駐車場:24台 ※バス駐車場の一角を「身障者用駐車場」として利用可
お手洗い 龍宮の潮吹交流施設内、「龍宮の潮吹」展望デッキ付近の2箇所
参拝時間
御朱印
5:30~17:30 ※夜間の立ち入り、撮影は禁止されています
御朱印は、大鳥居横の小屋に書き置きのものがあります。

2 絶景露天風呂〜楊貴館〜

元乃隅神社に向かうときに、素敵なホテルを見つけたのですが、調べてみると、「元乃隅神社に一番近い温泉」の楊貴館というホテルでした。
油谷湾沿いに建っているとあって、オーシャンビューの素敵な温泉、露天風呂があり、日帰り入浴もやっているということだったので、冷え切った体を温めようと思い、寄ってみることにしました。

▲ 道路沿いには大きな看板があるので見落とすことはありませんね

▲ 玄関付近

国道191号線を走っていると大きな看板が目に入ります。
楊貴館の建物は道路より少し登った所にあります。駐車場は、玄関付近か、道路沿いの2箇所のようです。
日帰り入浴のお客さんも多いため、駐車場は結構満車に近い感じでしたが、回転は早く、次々とお客さんが出たり入ったりされていました。
ホテル自体は、それなりのお値段なのですが、日帰り入浴は一人1,050円で貸しタオル1枚も付いてくるのでリーズナブルでした!

楊貴館

▲ 楊貴館の玄関。高級感がある佇まいですね。

お風呂はフロントのある階から1階下に降った所にありました。
カウンターがあるので、日帰り入浴だと告げて料金を支払えばOKです。
お風呂の中は写真NGなので、詳しくはホテルのHPで確認いただければと思います。
まず脱衣所ですが、そこまで大きくはありません。夕方ともなると宿泊客の方々もお風呂に入られるので少しごった返すかもしれませんね。
ドライヤーは5つほど、風量はそこそこです。化粧水やブラシも置いていますので、ほぼ手ぶらでも行けそうですね。
お風呂ですが、内湯1つ、露天風呂1つ、サウナ1つでした。
内湯と外の境目は全面ガラス張りなため、内湯からでも素敵なオーシャンビューが望めます。もちろん、露天風呂も文句なしのオーシャンビュー!夕日の時間帯が一番おすすめな気がしますね。私たちは日が暮れてからだったのですが、夜の海もなかなか風情があってよかったです。
お湯はトロっトロのお湯で、保湿されている気がしました。結構な時間、露天風呂にいたのですが、体の芯から温まったので全く寒くはなかったですね。1時間半ほどゆっくりさせていただきましたが、大満足な温泉でした!
ホテルスタッフの方も、日帰り入浴の客なのにとても丁寧にご対応いただいて感じがすごくよかったです。
また機会があれば今度は宿泊でも利用してみたいなと思いました。

元乃隅神社に行かれる方には是非ともおすすめな日帰り温泉です。
神社でパワーをいただいたら、こちらでゆっくり身体を温めてあげてはいかがでしょうか。
パワーももらえて、体も綺麗になって、いいことづくしですよね。
こちらは、あの有名な角島からも車で30分の所にありますので、角島近辺でマリンスポーツを楽しまれた後のご入浴にもおすすめだそうですよ!

名称 油谷湾温泉 ホテル楊貴館
住所 〒759-4505
山口県長門市油谷伊上10130番地
TEL/FAX TEL. 0837-32-1234  / FAX. 0837-32-1069
アクセス ◼️車でお越しの方
九州・下関方面から:中国自動車道下関IC下車 国道191号線を道なりに70分ほど
広島方面から:中国自動車道美弥IC下車 国道316号〜191号経由で50分ほど
島根方面から:益田方面より国道191号線ぞい
◼️電車でお越しの方
最寄駅 山陰本線伊上駅よりバス送迎あり(要予約)
利用料・利用時間(日帰り入浴) 大人:1,050円, 3歳以上:500円, 幼児:100円 ※貸しタオル1枚付
利用時間:9時00分〜22時00分(最終受付21時30分)
展望風呂利用
公式URL http://www.hotelyokikan.jp/

今回、元乃隅神社と日帰り温泉に行けて本当によかったです。
山口県といえば、秋吉台、角島、下関のふぐ、獺祭・・ぐらいしかイメージがなかったのですが(失礼;)今回色々巡れて、山口県の魅力を少しでも知れた気がします!
なかなか行きにくいところではありますが、お友達や彼氏、家族を誘って、一度は行かれることをお勧めします。のんびりできて、温泉にも入れて、素敵な景色も見ることができる山口県は素晴らしいなと感じたお正月でした。
またいろんな記事をUP予定ですのでお楽しみに!
最後まで読んでいただいてありがとうございました〜。

パンツ猫拝

関連記事

  1. 台北セルフ旅行の楽しみ方〜手配編〜

  2. ほったらかし温泉

    富士山が見える絶景温泉〜ほったらかし温泉〜

  3. 圓光寺庭園

    京都に行くならここ!ラーメン激戦区一乗寺にある美しい庭園が望めるお寺〜圓光寺(えんこうじ)〜

  4. 台北セルフ旅行の楽しみ方〜台湾に到着してから台北へ移動するまでにすること〜

  5. 綾部山梅林

    山の斜面一面梅の花!日本で唯一の海の見える梅林〜綾部山梅林〜

  6. 湖北地方の郷土料理「鯖そうめん」