四国八十八ヶ所 第41番龍光寺

龍光寺

こんにちは!パンツ猫です。
新型コロナウイルスの収束が見えない中、年始には緊急事態宣言が出た都府県もあり、旅行にいこう!という状況にはなかなかならない世の中ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
パンツ猫も、あちこち旅行に行くことは控えておりますが、早く今までのように気兼ねなく旅行に行ける日が来ることを願っています。

さて、今回は、四国八十八ヶ所のお寺のご紹介です。
昨今、若い人からご年配の方まで四国八十八ヶ所巡りをなさる方が増えましたが、徳島県、香川県など交通の便が良い場所メインで回っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。私も、小さい頃から母に連れられて団体でバスなどで移動してお四国参りをしておりましたが、やはり、行きやすいところを何度も行くことが多く、交通の便が悪いところは1度も行けていませんでした。しばらくご無沙汰しておりましたが、ふと、今までお参り行けていないお寺に行かせていただこう!と思い立って、四国参りを再開することにしました。
 このブログでは、主に高知県、愛媛県の交通の便がよくないところのお寺をメインに、行き方などをご紹介していこうと思っています。
本日は、「菩提の道場」とも言われる愛媛県に属する第41番龍光寺さんのご紹介です。

 

1 第41番 龍光寺とは

龍光寺の御本尊は十一面観世菩薩ですが、お稲荷さんも祀られています。
お寺なのに神社もある、そんな札所です。

その昔、弘法大師がこの地を訪れたとき、稲束を担いだ白髪の老人に出会いました。
老人は弘法大師に「我、この地に住み、仏法を守護し、諸民に利益せん」と告げ、姿を消しました。
弘法大師はその尊像を刻み稲荷明神として安置し、四国霊場総鎮守の寺としたとされています。
明治時代までは、龍光寺は稲荷大明神が本尊でしたが、明治時代の廃仏毀釈により、寺社と神社が分けられたため、本堂には十一面観音像を祀り、稲荷神社は別に建てられることになりました。

【目次】に戻る

2 龍光寺の雰囲気

龍光寺の山門は、なんと鳥居です。
鳥居から本堂まではこんな感じで細い道がずーっと続いています。
見た目遠いですが、のんびり歩けば意外とすぐです。
この道の先に駐車場があるので車でも近くまで行くことは可能ですが、道が細く、対向できないので要注意です。

民家と民家の間に細い道がありますね。
ずっと先の方にお寺の建物が見えます。

近づいて行くと階段がありました。

階段を登りきった景色がこちらです。いい景色ですね。
小高い丘の上にありますが、階段はなだらかなので、足腰がそんなに強くない人でも大丈夫ですよ。
近くまで車で行っていただければ歩いて登れます。ご安心ください!
駐車場は階段下右(下から見ると左)側にあるそうです。

お稲荷さんには階段をそのまま登れば行けます。
本堂は最初の階段を登って左にあります。
大師堂は本堂の逆側、右側にあります。

お参りした日は私たちの他に、2組ほどいらっしゃいました。
お天気もそれなりに良かったので、とても気持ちの良いお参りをすることができました。
山の上にあるような感じなので及び腰になるかもしれませんが、のんびり歩いて見たら意外と普通に登れますので、足腰が動く方は是非お参りください。
私はお納経帳と白衣に御朱印いただきましたが、ご住職はとても気さくなかたで快くご対応くださいました。

最寄駅からは遠いですし、車でなければタクシーなどを使わないとなかなか行けませんが、今回は行けて良かったと心から思いました。
ご縁に感謝ですね。ありがとうございました。

【目次】に戻る

3 四国八十八ヶ所 第41番 龍光寺 基本情報
名 称 稲荷山護国院龍光寺(いなりざんごこくいんりゅうこうじ)
住 所 愛媛県宇和島市三間町戸雁173
T E L・F A X 0895-58-2186
アクセス 電車:予土線 伊予宮野下駅
自家用車:宇和島自動車・石ヶ鼻 (11分),
開門時間 7:00~17:00 ※お納経を受けられる場合は16時半ごろまでにお伺いされる方が良いです
駐車場 無料駐車場あり

パンツ猫拝

TOPに戻る

関連記事

  1. 四国酒まつり〜その3@三芳菊酒造蔵開き〜

  2. 姫路城

    姫路で地酒を堪能するならここ!

  3. 祗園

    いつもと違う京都を散策しませんか?

  4. 台北セルフ旅行の楽しみ方〜初日の夜編〜

  5. 台北セルフ旅行の楽しみ方〜台湾に到着してから台北へ移動するまでにすること〜

  6. 四国酒まつり〜その4@あわの抄〜