沖縄のほっこりする家 古民家ゲストハウス「ごーやー荘」

ごーやー荘

こんにちは!パンツ猫です。
気がつけば季節は秋になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
新型コロナウイルスもワクチン摂取が進んでいますが、もうしばらく今まで通りに自由には旅行にいけなさそうですね。
今しばらく我慢の日々が続きますが、パンツ猫はずっと旅行関係のHPをみて、あそこに行きたい、ここに行きたいな〜と想いを馳せています。
旅行といえば、南の島。南の島といえば、沖縄!
沖縄といえば、リゾートホテルでしょうか。リゾートホテルも非日常感が味わえていいのですが、沖縄には古き良き沖縄の文化を体験できる素敵なゲストハウスも数多くあるんです。
今回は、沖縄に行くなら是非泊まっていただきたい素敵なゲストハウスを一軒ご紹介したいと思います。
緊急事態宣言も明けて、沖縄旅行の計画を立てられている方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひプランの一つにとご参考にしていただければ幸いです。

 

1 沖縄古民家を利用したゲストハウス「ごーやー荘」

ごーやー荘は、沖縄市という沖縄本島中部にある沖縄第二の都市にあります。
沖縄市は、以前はコザ市と呼ばれていて、さらにその前は越来村(ごえくそん)と呼ばれていました。
観光ガイドブックにはあまり載っていないので、観光客向けのお店は少ないのですが、沖縄らしいお店がたくさんあり、「地元沖縄」を肌で感じられる場所です。沖縄市は伝統芸能も盛んなところで、沖縄民謡の名人を多く輩出したところでもあります。
そんな、古き良き沖縄を感じられる街にある「ごーやー荘」は、沖縄の伝統的な民家の佇まいを活かした民宿ゲストハウスです。
公式HPには「沖縄文化を体験する入り口」とも書かれています。
ごーやー荘のマスターの秀さんは、長崎出身の方ですが、沖縄に魅せられ、現在沖縄に住んでいらっしゃるとのこと。
沖縄に住んでみる感覚で泊まってほしいという思いが詰まったお宿がごーやー荘です。

今回、我々は、一泊二日の弾丸旅行だったので、リゾート感ではなく「沖縄のおばぁの家」を体験しようと思い、ネットで検索したところ「ごーやー荘」がヒットし、迷うことなく予約をさせていただきました。

2 ごーやー荘ってどんなところ?〜お部屋・共有スペース〜

沖縄の文化に触れることができる、古民家ゲストハウス「ごーやー荘」ですが、どんなところかご紹介していきましょう。
ごーや荘の造りは、一番座・二番座・三番座・裏座といった沖縄の伝統的な古民家の造りを活かした部屋割りになっています。
見た目はこじんまりしているように見えますが、以外と広いです。
我々は一番座のお部屋に宿泊させていただきました。

その1:「一番座」のお部屋

※ごーやー荘公式HPより<https://goyahso-okinawa.com/>

写真を撮る前に色々荷物を散らかしてしまったので・・・公式HPよりお写真お借りしました。
一番座は客間として利用されていたお部屋です。床の間があって、風情のあるお部屋でした。
一番座、二番座、三番座は繋がっているので、クーラーは廊下に1台設置されているのですが、扇風機は各部屋に1台備え付けられているので、クーラーの風を効率よく部屋に取り込むことができてとても快適でした。

その2:二番座のお部屋
二番座のお部屋は、伝統的沖縄古民家で仏間として利用されていた部屋になります。
今回は宿泊客の方がいらっしゃらなかったので、荷物がおいていましたが、お客様がいらっしゃる時はもちろん準備は万端でお迎えいただけますよ。

その3:三番座のお部屋
三番座のお部屋は、以前は居間として利用されていた部屋とのこと。引き戸を開ければ隣はキッチンですし、バスルームにも近く宿の中でも便利な客室です。
玄関からもすぐのお部屋になります。ただ、生活音が気になる方にはちょっと不向きかも?
一人旅の方にはちょうどいい広さではないかと思います。バックパッカーの方向けかもしれません。
パンツ猫が宿泊した時には、このお部屋にはお客様がいらっしゃったのでお部屋の写真を撮ることはできませんでした。

ごーやー荘

※ごーやー荘公式HPより<https://goyahso-okinawa.com/>

その4:裏座部屋
裏座部屋は、一番座、二番座のお部屋の裏にある伝統的沖縄古民家の奥まった場所にある寝室として利用されていたお部屋です。
ごーやー荘ではベッドを置いた洋室にされていました。ベット1つにつきクーラー1基ついています。
こちらもバックパッカーの方や、相部屋でも構わない方におすすめなお部屋です。
三番座よりは生活音を気にすることなく過ごせるかもしれません。

シングルベットが置いてある裏座の奥の部屋(一番座の裏)
窓もあって結構明るいです。

しっかりエアコンもついています!

裏座の手前のお部屋。(二番座の裏)
こちらも採光はバッチリです。ベットも身長が高い方でも余裕の大きさです。

キッチンからの裏座のお部屋へ。
一見廊下のようですが、しっかりとしたお部屋です。
キッチンが近いので、便利なお部屋です。

その5:キッチン
キッチンは、宿泊客が自由に使用できます。様々なキッチン用具も揃っていますので、マスターに一声かければ利用できます。
冷蔵庫も自由に利用できます。マスターが使う食材なども保存されていますので、冷蔵庫を使う際には、自分のだとわかるようにしておきましょう!
電子レンジや炊飯器も使えます。近くのスーパーで沖縄のお惣菜を買ってきてレンジで温めて食べることもできます。
もちろん洗い物も自分で!
「ハイターの水に浸けておいてくださったら結構です」と貼り紙にかいていますが、使った食器や調理器具は洗剤でしっかり洗ってマスターの負担を減らす気遣いも必要かと思います。

冷蔵庫には、マスターが買い揃えてくださっているお酒が入っています。
マスターに声をかけてお金を払えばいただけます。
一本250円ほどなので、居酒屋で飲むより断然リーズナブル!オリオンビールもチューハイも美味しかったです。
外のバーで一本いかがでしょうか?
写真では在庫が少な目に見えますが、パンツ猫たちが前日の夜に5本ほど飲んでしまったからなので、もっと沢山ストックはありますよ。

冷凍庫には、こちらもマスターが買ってきてくださったシャーベットが入っています。
こちらも一つ120円程度でいただけます。パンツ猫たちは朝ごはんの後お口直しにいただきました。
お風呂後に食べるのも美味しそうですね。

キッチンの横はお風呂スペースになっています。
たくさんのサインが飾ってありました。
サインの横に見える引き戸の奥は三番座です。

その6:バスルーム
バスルームはキッチンの横にあります。
洗面スペースは外からそのまま入れます。2つ洗面台があるので、ご家族の宿泊でも大丈夫ですね。
メイク落としや洗顔フォームも置いてあってマスターの心遣いが伺えます。
洗面スペースの後ろにはドレッサーもあります。
ドライヤー、ヘアブラシなどアメニティーも揃っています。
洗面スペースはとてもお掃除が行き届いていて、清潔感があります。
外からも、キッチンからも丸見え、フルオープンスペースですので、ここでの脱衣はやめましょう(苦笑)

ドレッサーの横に積んであるタオルは、お風呂の足拭き用タオルです。
綺麗に畳んであるので使うのがためらわれますね。
ちなみに、外から扉なしに入ってこれるスペースなので、虫はもれなくいます(笑)

このスペースの反対側がシャワースペースです。

シャワースペース入り口にお湯のスイッチがあるので押して入ります。
脱衣スペースは中にあります。
湯船はなく、シャワースペースのみですが結構広いです。
そして、水圧もかなりあります。
脱衣スペースとシャワースペースの間にはシャワーカーテンがあるので服が濡れる心配はありませんよ。
シャワースペースにも、石鹸、シャンプーなどおいてあります。
宿泊客の方が複数いらっしゃる場合は、外に誰かいるかもしれませんので、うっかりそのまま出てしまわないようご注意くださいね(笑)

洗面スペースから外に続く土間?です。トイレがこの右にあります。
トイレは、洋式、和式1つずつあります。様式の方はウォシュレット完備で綺麗ですよ。
外にあるので夜中にトイレに行く場合、お子様にはちょっと怖いかもしれませんね。

3 ごーやー荘のBARスペース(パーラーアラマンダ)

ごーやー荘には手作りのBARスペースがあります。
買ってきたお酒を飲むもよし、マスターの三線を聴きながらまったりするもよし、マスターとおしゃべりするもよし、のんびりまったりできる素敵なスペースです。我々が宿泊したときには、改築中とのことで、マスター側の屋根がなかったのですが、ブログを拝見したところ、8月末〜9月初旬まで臨時休業をされていて、その間に改装をされるとのことでしたので、今は素敵なBARスペースになっているかと思います。
(名前は「パーラーアマンダ」だそうです!)
屋根がない状態のお写真ではありますが、BARスペースを紹介していきます。

こっそりパンツ猫登場!ほろ酔いになりました(笑)

昼間はこんな感じです。ここでお食事もいただけます。

外にあるバーカウンターですが、三線を習ったり、マスターの三線演奏を聴きながらのんびりお酒をいただいたりと、とてもゆったりとした時間を過ごすことができる素敵な空間です。外にあるので、もちろん換気もバッチリ!間隔をあけて座れば新型コロナウイルス対策もバッチリです。

そんな素敵な空間ですが、一つ注意することがあります。
外ですので、蚊が多いです!(苦笑)
汗をかいていて蚊が寄ってきやすい状態でしたので、急いで近くのドラッグストアで虫除けスプレーを購入して身体に振りかけました;
スプレーをかけた後は全く蚊が寄って来なくなりましたので、スプレーさえすれば快適です!

マスターの三線ライブの様子です。
リクエストした曲を三線で弾いてくれます。「沖縄にきたな〜」って感じがしました。
マスターありがとうございました!

マスターより、朝食(ちんびん(沖縄風黒糖クレープ))の要否を聞かれましたので、迷うことなくいただきたいとお伝えしていたのですが、朝起きたら既に出来上がっていて感動しました!
シンプルなお味でとても美味しかったのですが、なんと材料は小麦粉と黒糖、水のみとのこと。
ホットケーキミックスとは違った優しい甘みは朝の胃袋には最適なお味でした。
ちんぴんは無料でいただけるので、お泊りの際には是非作っていただくことをお勧めします!

その他、洗濯物があれば100円で洗濯機も利用させていただけます。
また、我々も申し込みしましたが、三線体験、沖縄料理体験(有料)、ジーマミー豆腐作り体験(有料)など、事前に予約すれば様々な体験をすることができます。沖縄の思い出に是非とも体験してみてください!

ごーやー荘のその他の様子はこちらから
(List of other photos of GO-YA-SO)
*スライドショーにしています

4 「ごーやー荘」 基本情報
名 称 ごーやー荘(ごーやーそう(go-ya-sou))*guest house
住 所 〒904-0021沖縄県沖縄市胡屋1-5-32
問い合わせ先 TEL:050-1205-2758
アクセス 詳細は公式HPをご参照ください(詳しすぎるほど詳しく載っています)
最寄りインター:沖縄自動車道「沖縄南インター」
国道330号線「胡屋十字路」をうるま市向け500m、「コザボウリング」ななめ向かいの角を右折しすぐ
駐車場 宿前に2台分、近隣に2台分、計4台の駐車が可能(4台まで無料)
料金 例)ゆったり和室
通常時 ツイン1名様 5,000円(1部屋10,000円)
特別繁忙期 
ツイン1名様 6,000円(1部屋12,000円)
*お部屋、人数などによって料金が異なりますので、公式HPをご確認ください
アメニティ・Wi-Fi タオル・歯ブラシ(お部屋)
せっけん・シャンプー・コンディショナー(シャワールームに添えつけ)
ドライヤー・綿棒・歯間ブラシ・使い捨てひげそり・シェービングフォーム・メイク落とし・コンタクト洗浄液(洗面コーナー)
洗濯機利用は1回100円
無料Wi-Fi完備
キャンセルポリシー 【特別繁忙期】
キャンセル料発生:宿泊1週間前
宿泊日の3日前まで→宿泊総額の50%(上限2泊分)、宿泊日の2日前より→全額 (上限2泊分)
【通常期】
キャンセル料発生:3日前
宿泊日の2日前まで→50%(上限1泊分)、宿泊日の前日から→全額(上限1泊分)
*台風接近時は、お客様都合でのキャンセルの場合、前日までに連絡した場合キャンセル料はなし、当日連絡の場合は50%。飛行機等の欠航の場合はキャンセル料なし。
*7名以上のグループまたは貸し切りの場合は別途キャンセルポリシーがあるため公式HPを確認してください。
*特別繁忙期についても公式HPをご確認ください。
例)おきなわマラソン前日、ゴールデンウィーク、お盆休み、旧盆道ジュネー、全島エイサー祭り、年末年始
公式HP https://goyahso-okinawa.com/

関連記事

  1. 台北セルフ旅行の楽しみ方〜手配編〜

  2. 四国酒まつり会場

    四国酒まつり〜その2@四国酒まつりに参加〜

  3. 中山道「居醒の清水」のお宿〜ゲストハウス居醒庵(いざめあん)〜

  4. 四国酒まつり〜その4@あわの抄〜

  5. オコゼとアコウのお刺身盛りあわせ

    絶品オコゼ三昧料理を堪能 〜しまなみ海道・大三島 民宿珈里葡(カリブ)〜

  6. moai

    モアイに会いに行こう〜!